騎馬戦01 [1978年?~1981年] 

目次

第?回オールスター紅白水泳大会(1978年 or 1979年)[フジテレビ] 男女混合騎馬戦

出演者:榊原郁恵、石野真子、石川ひとみ、高田みづえ

いきなりネタ元がわからない映像になります。ただ騎馬戦の映像から想定するに、1978年に放映された真夏の水中フェスティバル’78の時に榊原郁恵さんが着ていた水着と同じ水着をきていることからおそらく同年の1978年もしくは翌年の1979年のオールスター紅白水泳大会の映像になると思います。騎馬戦が開始されると過剰なスモーク?みたいのがプールにまかれてプールが真っ白になります。カメラ小僧対策でしょうか?今回の見どころは榊原郁恵さんの健康的なボディーになりますでしょうか。闘いもところどころでいい感じの闘いが見られます。あと高田みづえさんの貴重なビキニ姿が見られます。あとポロリはありませんでした。この頃のオールスター紅白水泳大会では意外なことに仕込みもなく、ポロリ要員の女性はいなかったみたですね。


第11回オールスター紅白水泳大会(1980年)[フジテレビ] 男女混合騎馬戦

出演者:ピンクレディー、松田聖子、石川秀美、石野真子、芦川よしみ、他

サンバイザーに風船をつけての騎馬戦というちょっと変わったものになっております。この頃の騎馬戦は結構みんなズルしてて取られそうになると自分から帽子を脱いでそのまま掴んでたりしました。あとはサンバイザーをずり下げて首にひっかけるというずるいことをしている女の子も結構いました。この時ワイプで歌っていたのは河合奈保子さんです。1980年デビューしたてということでデビュー曲「大きな森の小さなお家」を歌ってます。この頃のアイドルで私が一番好きだったのは河合奈保子さんでした。残念ながらこの騎馬戦にはでておりません。この騎馬戦ではあまり激しい闘いになったりというのはほとんどありませんでした。ポロリも残念ながらなかったですね。ただ石川ひとみさんの黒ビキニが結構布面積小さくて大胆ですね。この騎馬戦は紅組勝利で終わりです。


第12回オールスター紅白水泳大会(1981年)[フジテレビ] 男女混合騎馬戦

出演者:松田聖子、河合奈保子、石野真子、高田みづえ、三原順子、石川ひとみ、他

今回は松田聖子さん、河合奈保子さん、石野真子さんといったメンバーも参加している豪華な騎馬戦となっております。河合奈保子さんのダイナマイトボディーは今見ても惹かれます。今回は比較的結構いい闘いになっているというところもありましたが、残念ながらカメラがあちこちにすぐ切り替わってしまうのであまりじっくり闘いを見れない感じでした。でもなかなか見ごたえありでした。石野真子さんの騎馬が田原俊彦さんだったのですが、頑張って帽子を取られずに最後まで粘り何とか一騎だけ残りました。でも白組が圧倒的勝利という結果でした。ちなみにポロリもなしです。


第8回オールスター寒中水泳大会(1981年)[フジテレビ] 男女混合騎馬戦

出演者:松田聖子、河合奈保子、石野真子、三原順子、石川ひとみ、高田みづえ、他

冒頭に映る河合奈保子さんのビキニ姿が最高です。闘いが始まってすぐに聖子さんは秒で帽子を取られてしまっておりました。この頃はトップアイドル忖度もそんなになかったみたいですね。やはり今回もカメラがいいところで切り替わるということが多々あってもったいないのですが、ところどころで、髪の毛ごとひっぱってるんじゃという闘いのカットも入ってその辺りが見どころかなと思いました。今回は白組の圧勝で終わりになります。


第3回新春オールスター水上大運動会(1981年)[TBSテレビ] 東西対抗水中騎馬戦

出演者:松田聖子 他(この頃のアイドルそこまで知らないので聖子さん以外わかりませんでした)

フジテレビと違ってこちらは東軍、西軍というチーム分けになっております(帽子は紅白帽子ですが)この騎馬戦はどんな判断がなされたのか理解に苦しみますが、男性が騎馬の上にいるのがいくつかあります。やはり騎馬戦の上に乗るのは全員女性にしてほしいなと思ってしまいます。残念ながらこの騎馬戦には河合奈保子さんはでておりませんでした。松田聖子さんはしっかりと出場されて帽子取られてしまいましたが、結構しっかりと闘ってました。あと本作ではしっかりとポロリがありました。黄色ビキニの子が赤ビキニの子のビキニをはなから脱がせにかかってました。個人的にはポロリ要員同士の闘いというのがお互いに脱がせるのに遠慮はいらないということでいい闘いになることもあり結構理想的な闘いです。今回は電光石火で決まってしまったのが残念な感じでした。でもやっぱり水泳大会の騎馬戦といればこれを期待している人も多いのではないでしょうか。結果は東軍(赤)60点、西軍(白)50点という結果でした。


良かったら気軽にコメント書き込んでください

コメント

コメントする

目次