女番長ゲリラ(1972年)

目次

女番長ゲリラ(1972年)

年代的に上の方の中には成人映画でキャットファイトと言えばこの”女番長シリーズ”を思い浮かべる人は結構多いかもしれません。個人的には女番長シリーズや女因関連のキャットファイトは、ナイフを使ったり、嘘拳ファイトが多かったりであまり好みではないのですが、本作は3つのファイトが全て素手であり闘いも若干泥臭くて見応えありましたのでピックアップしてみました。

そして女番長シリーズ第三作にあたる本作には何といっても女番長シリーズの代名詞ともいえる「池玲子さん」「杉本美樹さん」がダブル主演的な感じで出演され、初めて二人の直接ファイトも収録されている作品になっております。この後他の作品でも何度かこの二人はCFを行うのですが、おそらく本作が二人の初CFだったのではないかと思います。

では本作のCFシーンを紹介していきます。


<第一戦>
出演者:城恵美 (ユキ) vs ?(?)

女子高生をカツアゲしている一団を見てそこに駆け寄る杉本美樹さん演じる幸子がリーダーを務める新宿赤ヘル団メンバー
相手は地元をしきるスケ番グループの一団でした。早速喧嘩でかたをつけることになり、赤ヘル団からは「サシの勝負あたいが受けるよ」と城恵美さん演じる京都出身のユキがでます。たちまち取っ組み合い、殴り合いになる二人。殴り、髪を掴み、首を絞める闘いを制したのはユキでした。「新宿赤ヘル団だ、覚えときな」と言い放ったところに京都スケ番連合のメンバーが駆けてきて、やられた仲間を抱えながら総番長が呼んでいるから顔を貸しなと伝えます。


<第二戦>
出演者:杉本美樹 (帰山幸子) vs 衣麻遼子(リカ)

京都スケ番メンバーについていく赤ヘル団。そこには衣麻遼子さん演じる京都のスケ番グループ総番で京極グループリーダーのリカが仲間と共に待ちかまえています。さっそくスケ番同士の仁義の切り合いがはじまります。(いつもこのシーンで笑ってしまいます。なんか一言一言の区切り方とイントネーションがおかしくて、、、)


仁義の切り合いが終わると、早速京都のシマをかけて幸子とリカがリーダー同士でタイマンを始めます。殴り合い、倒れたところに蹴りをいれ闘う両者。途中リカのシャツが破け、胸が飛び出しセクシーさも十分にでてます。幸子の胸はシャツが破けずに見えそうで見えない感じで残ってしまい惜しいといった感じでした。最後は壁に頭を叩きつけて幸子がこの闘いを制しました。


負けたリカですが、太ももに仕込んだナイフを取り出し、それに呼応するように仲間もまた武器を手に取り赤ヘル軍団に迫ります。汚いぞという赤ヘル軍団ですが、すっかり周りを囲まれてしまいます。そこに「いいかげんにしな」という声が響きます。みんなが顔をあげるとそこには池玲子さん演じる中原奈美が。前スケ番連合の総長だった奈美の発言力は絶大で、この場は取り収められ、幸子が新総長になりました。


<第三戦>
出演者:杉本美樹 (帰山幸子) vs 池玲子(中原奈美)

シノギをあげるやり方で対立した幸子と奈美。二人はタイマンで勝負することになります。


いきなり激しく殴り合い、取っ組みあう二人。場所は河原から浅い川の中へと移ります(この時にバックで挿入歌が流れます)一進一退の攻防を繰り返しますがお互いの力量は互角です。結局最終的に決着はつかず、最後は川の中に座り込んで二人で大笑いして終了となります。いわゆる「お前なかなかやるじゃねーか」「お前もな」みたいな最後でした。浅い水辺で闘うのですが、何故かスケ番ものは水辺で闘うのが定番っぽくなっております。やっぱり濡れた服が体にはりつき、若干透けるのでエロ要素狙いでしょうか。


良かったら気軽にコメント書き込んでください

コメント

コメント一覧 (2件)

  • いつも拝見させて頂いています。女番長シリーズ、公開当時はまだ未成年で映画館で鑑賞することが出来ず、ビデオや動画配信などまだまだ先の時代でした。なので、大学生なってから情報誌のピアで血眼になって探しては、まだたくさんあった小さな映画まで行ってドキドキしながら見たのを思い出しました。女番長シリーズではないかもしれませんが、殺し節が好きです。

    • 「前科おんな 殺し節」ですね。わかります。恐らく近日中に紹介できると思います。私もこの作品はピックアップしての紹介を考えております。楽しみにしていてください。

コメントする

目次