AVドラマ07 [2004年~2007年]

目次

CHANGE 森下くるみ・桜井風花(2004年)

出演者:森下くるみ vs 桜井風花 

元同級生の森下くるみちゃん桜井風花ちゃん。社長夫人として余裕のあるくるみに対して風花は風俗嬢。同窓会の連絡にきたくるみに風花は自分を笑いたいの?と突っかかります。そして自分が風俗嬢だと明かした風花はくるみに「自分のこと大事にしようよ」と言われて、かっとなってくるみをひっぱたきます。逆にくるみは風花に「おカネの為に好きでもない男と結婚したくせに」と言われてしまい風花にビンタのお返しをします。そこから口論となり、肉弾戦が開始されます。部屋の中で相手を掴んで転がり、押さえ込もうと闘います。AVなのに露出があまりなくHさが足りないのが残念ですが、なかなか一生懸命に闘ってます。二人共かわいいですね。くるみちゃんは別の作品で及川奈央ちゃんとのビンタの張り合いをしてましたが、本作ではしっかりとした取っ組み合いシーンを見せてくれております。


被虐の女戦士 暗黒死闘篇(2005年)

出演者: 青木玲 vs ?

青木玲ちゃんが縄で縛られているところに、腕に入れ墨をした赤ドレスの女がやってきます。そして動けない玲にビンタします。「お前にわかるか、私が今までどれだけ、、、」というと「わかりたくない」と玲は切って捨てるように返します。すると入れ墨女は玲の縄をほどきます。そして二人は闘い始めます。相手の首を絞めたり馬乗りになったりして闘いますが、入れ墨赤ドレス女のほうが強く玲は絞められて一度ダウンしてしまいます。しかしそれは演技で玲は油断した入れ墨女に再度襲い掛かり赤ドレスをちぎります。その後髪を掴み合って押し合ったりと闘いますが最終的にはまたも首を決められて玲は負けてしまいます。しかし入れ墨女は「出てっていいわ」と玲に言って終わりとなります。


第3回D-1クライマックス公開オーディション(2007年)

出演者: 大塚ひな vs 瞳れん

第3回のD1クライマックスは公開オーディションというものが行われました。そこでノーマルKIM監督は大塚ひなちゃん瞳れんちゃんを選び、この喧嘩シーンを演じてもらったみたいです。多くの人が見守る中での演技は結構難しいとは思うのですが、そんな逆境をものともせず笑い顔や照れなど一切見せずに、二人は気合いの入った喧嘩シーンを演じてくれております。髪の毛つかんだりビンタしたりの取っ組み合いは迫力があり本気度の高い闘いを演じてくれて見ごたえありました。そしてこの二人を採用してノーマルKIM監督によって撮られた作品がこの次に紹介する「冷たい性欲の少女たち」になります。これはAVドラマではないですがこの次につながる映像ですし、二人共気合の入ったキャットファイトシーンを演じているのでここで紹介してます。ちなみに本作は公開オーディションを伝える為の映像作品としてDVDで販売されておりました。


冷たい性欲の少女たち(2007年)

出演者:大塚ひな vs 瞳れん 

本作はこの一つ前に紹介した公開オーディションで選ばれた大塚ひなちゃん瞳れんちゃんが主演し、第3回D1クライマックスに出典された作品となります。ひなの部屋で一緒に暮らし始めたれん。しかし、れんはひながいない間にひなの元彼と激しくSEXしてしまいます。そこに戻ってきたひな。ドアの隙間から二人のSEXを覗いて見てますが、ドアを徐々に開けて部屋にはいってしまい、れんに見つかります。ひなの元彼も気がついてSEXは中断されます。ひなは元彼にビンタし物を投げつけ怒りを爆発させます。その横をすり抜けて、となりの部屋のソファーに腰かけるれん。その前にひながやってきて、二人は向かい合いながら言い合いになります。そして口論で熱くなったひながれんを突き飛ばします。それをきっかけに二人の女の取っ組み合いが始まります。お互いに髪の毛を掴み、時にはビンタを入れあう激しい喧嘩になります。真剣に闘っていて、本気度も高くなかなかいい感じです。ぎこちない動きも含めてリアルな喧嘩はこんな感じかなと思えるいい感じのCFになっております。最後は元彼が止めに入り、それに怒ったひなが元彼を蹴った後、頭を抱えて終了となります。


NEXT M GENERATION 狂乱女たちの宴(2007年)

出演者:唐沢美樹 vs 愛田奈々

唐沢美樹ちゃん愛田奈々ちゃんがマットの上で膝立ちで向かい合ってのビンタ合戦から闘いが始まります。このビンタは結構しっかりと入れているということで中々いいです。そして転がり合いながらの闘いになりますが、そこにオイルがすこしずつかけられます。二人はおいてあるビニール上の紐を鞭のように相手にぶつけて叩いたりしながら闘います。ただ完全な闘いというよりも胸を揉んだりキスしたりといったかなり闘い寄りのレズバトルみたいな感じです。隙を見てたまにお互いにビンタを入れ合ったりして闘います。そして美樹が奈々の顔にフェイスシッティングを決めてアソコを顔に擦り付けた後に向きを変えて座り直し今度はお尻で奈々ちゃんの顔をこすり上げて闘いに勝利します。その後に鎖から解かれた松村かすみちゃんと美樹が一緒に奈々におしっこをひっかけて終わりとなります。


出演者:唐沢美樹 vs 松村かすみ 

次の対戦は先ほど勝利した唐沢美樹ちゃん松村かすみちゃんの対戦となります。松村かすみちゃんと言えばSODグランドキャットファイトGPでの同じ名前の山崎かすみちゃんとのビンタ合戦がなかなか良かったです。そしてこちらの闘いも先ほどと同様に膝立ちでのビンタ合戦から闘いが開始されます。絡み合いながらビンタしたりキスしたりしながら闘います。そして美樹がかすみにフェイスシッティングを決めて優位に立ちますが、返されて逆にフェイスシッティングを決められてしまいます。そんな攻防やビニールの紐をつかった叩き合いや首の絞め合いをしつつ闘いますが、最後はうつ伏せになった美樹に馬乗りになったかすみが美樹の顔をマットに押し付けて勝利となります。


良かったら気軽にコメント書き込んでください

コメント

コメント一覧 (8件)

  • 〉TACさん
    冷たい性欲の少女たちは所有してたのですが、D-1クライマックスオーディションは知りませんでした…この二人の他に何組か喧嘩をさせてみて決めたんですかね?その中でこの子たちの喧嘩が1番本気の喧嘩だった!って決めたのなら凄いんですけどねw
    ドラマ系のAVはこういった完成するまでのドキュメントな感じのを色々と見たいですよね!
    自分が監督ならそうしますねwww

    • もう購入してしまいましたか?このオーディションのほうは冷たい性欲の少女たちだけではなく他作品も含めて出演するAV女優を監督が決めるというもので、残念ながら紹介したシーン以外にはCFはないんです。当時ネットでこのオーディションの取材記事を見て、DVDも安かった(1000円位)ので買った感じです。
      もしもTENさんのコメントみたいに他にもCFが行われているようなオーディションであったなら間違いなく文章かキャプチャでその事に触れますので(笑)

  • http://www.dogma.co.jp/content/390-d1304
    これはホント良かった作品の一つです。

    CHANGEもドグマ監督が罵声を発しながら、森下くるみと桜井風花に
    喧嘩を煽るシーン(ドキュメント?)を以前スカパーか何かで見たのですが、本作自体は
    見てないですね・・・FANZAでも購入出来ないので残念ですね

    • CHANGEのドキュメントがあったんですね。そのお話は初めて聞きました。この作品はしっかりと物語として作られていた気がするのできちんとした演技指導?であのCFシーンを盛り上げていたんですね。この作品に限らず昔のVHSやDVD作品がFANZAとかでダウンロードやストリーミングで見られるようになるといいですよね。

  • 【NEXT M GENERATION 狂乱女たちの宴】は海外のサイトにアップされているのを見つけてみてました。ちょうど唐沢さんと松村さんがバトルに出ていた作品を見て、唐沢さん押しでしたので、題名もわからず保存した記憶がありますね。

    • 海外のサイトには色々ありますからね。題名については調べないとわからないし、調べてもわからないものもあって難儀しますよね。そういう映像知っているけど題名わからないというものが、このサイトで少しでも判明してくれると嬉しいです。

コメントする

目次